冷静に対応すればすぐに治る

高熱がでた時にまずやること

安静にすることが重要になる

大人しく寝ていれば治る

安静にしていれば、体内に侵入したウイルスを退治することができます。
休まなければ治らないので、できるだけ学校や仕事を休んでください。
自分がいなければ、仕事に穴を開けるので周囲に迷惑をかけると思って無理をする人もいます。
ですが熱で上手く頭が回らない状態で仕事をしても、上手く進まず結局効率が悪くなります。

またウイルスを周囲に蔓延させることにも繋がるので、治ってから会社に行きましょう。
完全に身体が元気になってから仕事に取り組んだ方が、スムーズに進みます。
まだ少ししか熱が上がっていないからと、油断しないでください。
その時点で治療するため、大人しく寝ていてください。
対応が早ければ、1日や2日で熱が下がります。

どうしても休めない場合の対応

仕事が忙しくて休めない場合は、栄養ドリンクを飲むのも良い方法だと言われています。
免疫機能を高める成分が栄養ドリンクに含まれているので、短時間で治すことができます。
ですが熱が上がるたびに栄養ドリンクを飲んで治療していると、次第に身体が慣れて効果を発揮できなくなります。
仕事を休めるなら、きちんと休んでください。

どうしても仕事をしなければいけない時だけ、栄養ドリンクに頼ってください。
万が一のために、栄養ドリンクを自宅にストックしておくのも良い方法です。
しかし朝から晩まで仕事をしていると、すぐに再発するかもしれないので気をつけてください。
無理をして働き続けると、体力が低下して熱が上がりやすくなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る