冷静に対応すればすぐに治る

高熱がでた時にまずやること

正しい対応を知っておこう

熱が出た時に、身体を冷やすのは逆効果です。 積極的に温める意識を持ってください。 この時は大量に汗をかくので、こまめに拭いたり着替えたりしましょう。 そのままにしておくと身体が冷えますし、不衛生な環境になってしまいます。 ウイルスは、不衛生な環境を好んで繁殖します。

冷やすのは逆効果になる

熱が出た時の、正しい対応を覚えておきましょう。
間違った対応をすることで、さらに熱が上がってしまいます。
特にこれまでは熱が上がったら、逆に身体を冷やさないといけないと思っていた人が多いのではないでしょうか。
しかしその対応は間違っています。
熱が上がったら、まず身体を温めないといけません。
身体を温めることで、体内に侵入したウイルスを退治しやすくなります。
身体を冷やすと、ウイルスを退治できる機能が低下するのでどんどんウイルスが繁殖します。

身体を温めてしばらく経過すれば、汗が出ると思います。
その頃になったらウイルスが退治されている証拠なので、額に濡らしたタオルなどを当てて身体を冷やしてください。
まだ熱が上がって間もないのに、いきなり体を冷やすことは避けてください。
治りを遅くしてしまいます。
仕事をしている人は、熱が上がっても休むことができないと思います。
正しい対応をすれば、短時間で治せます。

また、食事も重要なカギを握っています。
普段と同じような食事はいけません。
熱が出た時におすすめのメニューがあるので、それを食べてください。
熱が出ている時は食欲が低下している可能性がありますが、何も食べないのは身体によくありません。
何か食べないと、薬を飲めないケースもあります。
いくつか熱が出た時におすすめのメニューがあるので、その中で最も食べやすい料理を選択してください。
きちんと休んで、早く治元気な状態になりましょう。

熱が出た時の食事とは

身体が弱っている時は、機能が低下しています。 食べたものを消化する機能も低下しているでしょうから、なるべく消化しやすいメニューを選択してください。 脂質が多い食べ物は消化に悪いので、熱が出た時はおすすめできません。 食べやすくて、栄養のあるメニューが良いですね。

安静にすることが重要になる

身体の具合が悪い時は、何よりも安静にすることが最も重要です。 仕事をしている人は急に休むことは難しいかもしれませんが、なるべく安静にする意識を持ってください。 無理に動くと、もっと症状が悪化します。 治るのも遅くなるので、仕事に悪影響を与えるでしょう。

TOPへ戻る